check tag wrench cart

Training Load Pro

Training Load Pro

トレーニングの最適化

Training Load ProPro は、トレーニング セッションが身体に与える負荷についての詳細データを提供することができます。Recovery Pro と併用すれば、適度なトレーニングと回復のバランスを確認することができます。

トレーニング内容の把握

特定の目標を達成するためにトレーニングをしている時は、タイプの異なるトレーニングと休養のバランスが重要となります。Training Load Pro は、トレーニング セッションによる負荷があなたの身体のどの部位に影響をもたらすのかを確認し、現状のあなたのトレーニング方法が正しいのかを知ることができます。

総合的なモニタリング

Training Load Pro では、トレーニング負荷の推定値のような一般データだけだけではなく、さらに詳細を知ることができます。ワークアウトによる内面と外面からの両側面からの負荷をモニタリングし、3種の異なるトレーニング負荷値を算出します。

3種のトレーニング負荷とは?

データをもとにバランスを把握

トレーニングがあなたの身体にもたらす影響を把握すれば、トレーニングをより効果的にし、、パフォーマンスを向上させることができます。

トレーニング過多・トレーニング不足を回避

トレーニング量が過多、不足、または適当であるかを Training Load Pro で確認することができます。

努力の成果を可視化し数値で分析

Training Load Pro と Polar Flow が、トレーニング セッションの結果を数値化し、比較分析と可視化を可能にします。

科学と研究を元にしたデータ

Training Load Pro では、トレーニング負荷を定量化する方法として、TRIMP や RPE など、世界各地のスポーツ科学業界で広く使われているメソッドを導入しています。

総合的な計測の実行

国際オリンピック委員会の合意声明文で推奨されている通り、Training Load Pro では、内面と外面からの負荷を測定し、トレーニング負荷を定量化します。

Training Load Pro の仕組みとは?

Training Load Pro は、トレーニングデータから自動的にカーディオ負荷と筋肉への負荷を算出します(筋肉への負荷についてはランニングとサイクリングのパワー測定からのみ可能)。自覚的な運動負荷は、各トレーニング セッションごとにRPE値を自分自身で定義できます。

詳細はこちら

関連商品

Related blog posts

“How Often Should I Work Out?” Find Out With Training Load Pro™

"How often should I work out?" may sound like a newbie question, but even seasoned athletes may need training load data to find out the answer.

Read story

Meet Polar Vantage V – The Premium Multisport Watch

Polar Vantage V is a pro-level multisport watch with optical heart rate, wrist-based running power and personalized training load and recovery features. Read more.

Read story

Do you know when it’s time to take a break? Recovery Pro™ will tell you

The new Recovery Pro feature considers strain from training, physical activity and stress caused by other factors to give you personalized recovery feedback.

Read story

Change region

If your country/region is not listed on this page, please find your local contact details, retailers and stores and service points on our global site.

〈夏季休業のお知らせ〉
2020年8月13日(木)~2020年8月16日(日)の期間中は夏季休業とさせていただきます。
8月12日(水)11:00以降のご注文は8月17日(月)より順次発送いたします。
お客様には大変ご不便をお掛け致しますが、何卒ご理解いただきますよう宜しくお願い申し上げます。

トレーニング負荷

トレーニングをすると、身体の様々な部分に負荷がかかります。Training Load Pro は、トレーニング セッションが身体に与える負荷を包括的に確認することができます。トレーニング セッションにおける、内面と外面からの負荷を測定します。内面からの負荷とは、セッションに費やされる労力であり、外面からの負荷とは、あなたが達成した成果を測定するものです。

Training Load Pro は、心血管系と筋骨格系(カーディオ負荷と筋肉への負荷)の両方のトレーニング負荷レベルを提供するほか、あなたが感じる疲労度(自覚的な運動負荷)も考慮します。カーディオ負荷と自覚的な運動負荷はワークアウト時の内面からの負荷、筋肉への負荷は外面からの負荷を定量化したものです。

トレーニング負荷を数値化および可視化したデータを得ることができます。グラフの内容はトレーニング履歴を繁栄しており、これは過去90日間の平均と比較した時の、トレーニング セッションへの耐久性を示しています。

カーディオ負荷

カーディオ負荷の値は、トレーニング セッションが心血管系に与える負荷の量を示します。これは各ワークアウト後に心拍数データを元に計算されます。

カーディオ負荷は、トレーニングインパルス(TRIMP)として計算されます。TRIMPは、トレーニング負荷を定量化する方法として一般的に認められている方法です。

筋肉への負荷

筋肉への負荷はあなたのパワーデータから算出されるため、ランニングやサイクリングに伴うワークアウト時の筋肉への負荷の値を、パワーメーター(Polar Vantage V をご利用の場合。ランニングに関してはパワーメーターは不要です。)で確認することができます。筋肉への負荷は、トレーニング セッション中、あなたの筋肉がどの程度の負担を受けているかを示します。筋肉への負荷は、ショートインターバル、スプリント、ヒルセッションといった心拍数が強度の変化に対応する時間が十分にない場合に、高強度のトレーニング セッションにおけるトレーニング負荷を定量化するのに役立ちます。これは有酸素および無酸素運動の両方について測定でき、また心拍数は有酸素運動を定量分析します。

筋肉への負荷は、ランニングやサイクリングのセッション中に、あなたが生み出す力学的エネルギー量 (kJ) を示します。この数値は(その運動に要したエネルギーではなく、)あなたのエネルギーの出力を反映します。一般的に、身体能力が向上するほど、エネルギーの出入りに伴う効率も上がると言われています。

自覚的な運動負荷

自覚的な運動負荷とは、トレーニング セッションがどの程度ハードであったかについて、あなた自身の主観的な体験を考慮に入れた値です。

最近の研究では、こういった主観的な感情も、トレーニング負荷値を判断する重要な要因の一つだと考えられています。あなたの身体が発するメッセージに耳を傾けることは大切です。主観的な感覚と客観的な負荷測定の両者を取り入れることで、総合的なトレーニング負荷への理解を得ることができます。

自覚的な運動負荷は、自覚的運動強度(RPE)で定量化されます。RPEは、トレーニング負荷を定量化する方法として一般的に受け入れられている方法です。RPEにあなたのトレーニング セッションの所要時間を掛けて、値を算出します。

負担と耐久力

個々のトレーニング セッションによるトレーニング負荷データに加え、 負担耐久力 の関係も確認することができます。

負担 データは、最近のトレーニングでの疲労度を表しています。カーディオ負荷データをベースに、過去7日間の毎日の平均負荷を示します。

耐久力 データは、カーディオトレーニングにあなたの身体能力でどの程度対応できるかを示します。過去28日間の毎日の平均負荷を示します。カーディオトレーニングに対する耐久力を向上させるには、長期間かけてトレーニング量を徐々に増やしていくことです。耐久力が高まるほど、あなたの身体が対応できるトレーニングの量も増えるというわけです。

カーディオ負荷ステータス は、負担と耐久力を比較し、トレーニングが身体に与える影響を測定します。