check tag wrench cart

心拍数の計測方法

トレーニングを次のレベルに高めるために

心拍数を記録に残すことで、あなたの身体の労力のレベルを把握し、ワークアウトの強度の調整が簡単になります。心拍数トラッキングを使えば、単なる憶測ではなく確実なデータに基づいた、より効率的なトレーニングが可能になります。

ワークアウト管理をさらに簡単に行うため、または精度を追求したソリューションでトレーニングデータを取得するためなど、あなたの目的に合わせたツールをご用意しています。Polar 心拍数モニターはその耐久性と正確性において、世界中の第一線で活躍するアスリートにも信頼されています。

心拍数の計測方法

Polar では、2つの異なる心拍数計測方法をご用意しています:光学式心拍数計測と、チェストストラップ胸心拍センサーによる計測です。

胸心拍センサー-業界トップの心拍計測メソッド

胸心拍センサーが、心臓の電気的活動(ECG)を計測します胸心拍センサーが、あなたの心臓の電気信号を読み取り、その信号を心拍数データに書き換えます。

トレーニングに真剣に取り組み、正確性と信頼性を求める時、胸心拍センサーを使った計方法がが、あなたのお役に立つでしょう。

光学式心拍数計測―便利なオールインワンのソリューション

光学式心拍数計測(OHR)は、光電式容積脈波記録法(PPG)に基づいています。簡単に言いかえると、LEDライトと光検出器を利用して血管のサイズの変化を計測し、この結果を心拍数計測値に変換します。

‎2種の光学式心拍数ソリューションからお選びいただけます : 手首での心拍数モニター機能の付いたスポーツウォッチと、光学式心拍計アームバンドです。

オールインワンの利便性をかなえる光学式心拍数を利用したソリューションが、きっとあなたのお役に立つでしょう。

胸心拍センサー or 光学式心拍センサー-どちらを選ぶべきか

胸心拍センサー-高精度と信頼性

胸心拍センサーは、トレーニング セッション毎に正確な心拍数計測を必要とする、真剣にトレーニングに取り組むアスリートたちに最適です。心臓の電気活動(ECG)を計測します。特にインターバルトレーニング、ウエイトトレーニングや、ラケットを使った競技での使用に推奨されているソリューションです。

詳細はこちら

光学式心拍数計測とは

光学式心拍数計測は、光電式容積脈波記録法(PPG)に基づいています。身体器官の体積変化を光学的メソッドにおいて計測する方法です。PPGは光学式心拍数ソリューションがあなたの心拍数を算出に使用する元データとなる信号のことをいいます。

詳細はこちら

手首での光学式心拍数計測

あなたの手首の皮膚を通して、光学的に心拍数を計測します。ワークアウト中にチェストストラップを着用する必要もありません。

腕まわりでの光学式心拍数計測

センサーの装着が自由な動きを妨げたりパフォーマンスに影響を与えたり、光学式心拍数シグナルの機能に支障が出たり、といった懸念があるスポーツでは、この方法で便利で快適に計測を行うことができます。

Polar Precision Prime センサー融合技術

極めて厳しい条件下でも、手首での心拍計測で、精度の高い記録が可能になります。

詳細はこちら

Change region

If your country is not listed on this page, please find your local contact details, retailers and stores and service points on our global site.

光学式心拍数計測と胸心拍センサー、どちらを選ぶべきか

光学式心拍数計測と胸心拍計測は、異なる技術を使用しているため、直接比較はできません。どちらも同じ目的をかなえるための異なる方法であり、異なる用途に対応するものです。

光学式心拍数計測法は、胸心拍センサーによる心拍数計測法と比べると正確性に差はありますか?

当社独自の検証結果によると、多くの一般的に人気のあるスポーツ(ランニングやサイクリングなど)において光学式心拍数計測法で検出されるデータは、ECGで検出されるデータと極めて近いことがわかっています。

ツールが目的を選ぶのではありません 目的に応じたツールを選びましょう

異なる心拍数計測テクノロジーを、使用例とともにリストにまとめてみました :

手首での光学式心拍数計測

‎– 一定のテンポでのランニングに

‎– バイク通勤や時々行うサイクリング・ワークアウトに。

‎– 夜間の心拍数のモニタリングに。

‎– 心拍数を24時間計測するために。

‎– 移動中持ち歩くワークアウトギアをできるだけ少なくするために。

腕まわりでの光学式心拍数計測

‎– ジムでの心拍数計測に。

‎– バレーボール、サッカー、バスケットボールでの心拍数計測に。

‎– フィットネスクラブなどで、着替えの必要なしにセンサーを装着したい時に。

‎– サイクルコンピューターでサイクリングワークアウトの記録をしたい時に。

‎– 冬期に気温が下がるので、スポーツウォッチを衣服の上に着用したい場合に。

チェストストラップ胸心拍センサー

‎– インターバルトレーニング中の心拍数計測に。

‎– ジムでの心拍数計測に。

‎– 冬期に気温が下がるので、スポーツウォッチを衣服の上に着用したい場合に。

‎– スティックやラケットを持つスポーツでの心拍数計測に。

‎– Recovery Pro 使用時に。

‎– HRV分析アプリで使用する心拍数変動値が必要な場合に。

チェストストラップ胸心拍計測のしくみ

チェストストラップ胸心拍センサーは心臓の電気活動(ECG)データの正確性と信頼性をもとに、あなたの拍動を検知し、心臓の電気信号を読み取ります。拍動の時間基準データを検出し、その情報をあなたのスポーツウォッチや活動量計に送信します。スポーツウォッチや活動量計が心拍センサーからのデータを受信して読み込み、あなたの心臓の毎分ごとの拍動を算出します。

胸心拍センサーはいつ使うべきですか?

胸心拍センサーは、腕の動きが極めて激しいスポーツにおいて心拍数計測を行う時に最適なツールです。ラケットを使うスポーツ、水泳などの水中競技、低気温環境の中で行うスキーなどには、胸心拍センサーでの計測をおすすめします。

胸心拍センサーでの計測は、あなたの身体・フィットネスコンディションをよりよく理解するために心拍数変動(HRV)を計測したい場合に役立つでしょう。

また、心拍数が頻繁に変動する高強度インターバルトレーニング(HIIT)や、光学式心拍数計測への干渉が懸念されるバーベルやその他のウェイトをホールドしなければならないウェイトトレーニングには、胸心拍センサーの使用をおすすめします。

光学式心拍数計測のしくみ

指先、耳たぶ、ひたい、手首など、PPG計測は、身体のどの部分からも行うことができます。

簡単に言いかえると、光学式心拍数計測とは、LEDライトと光検出器を利用して皮膚下の血管のサイズの変化を計測する方式のことです。

Polar デバイス後部のLED部分から一定時間皮膚に光を照らします。その一部は反射し光ダイオードとして散乱します。光学式心拍計測ソリューションが鼓動の間隔の時間の変化を計測し、あなたの心拍数を検出します。

光学式心拍数計測-その精密度とは

光学式心拍数計測法の難点は、動きに影響を受けやすいということです。動きが生じるとLED光と探知器間に誤差ができ、心拍数の読み取りに影響が出るのです。

この動きによる誤差を防ぐために、手首での心拍計測が可能なPolar デバイスには、2つのセンサーが付いています: 心拍数を察知するセンサーと、手の動作を探知するセンサーです。動作データは両センサーからの情報を統合するアルゴリズムを介し、正確な心拍数の値を提供します。

多くのスポーツ種目において、当社のシステムは極めて高いレベルの精密度を達成することができました。これによりあなたが心拍数計測方法を選択する時に、光学式心拍数計測の正確性についての懸念は無関係となったわけです。

光学式心拍数計測の利点とは?

光学式心拍数計測の手順は、とても便利でスピーディー。光学式心拍計を腕に装着することもできますが、アクティビティの種類によって、そのニーズに合わせた使い分けが可能です。

もしあなたが1日中スポーツウォッチを着用していて、そのウォッチに光学式心拍数計測システムが搭載されていれば、ランチタイムのヨガクラスでも、自転車通勤の途中であっても、いつでも心拍数計測が可能です。さらに、24時間継続して心拍数を計測したい場合は、おそらく光学式心拍数計測法が唯一のオプションとなります。

Polar Precision Prime センサー融合テクノロジーは、次世代の心拍数モニターです。光学式心拍数計測法と、皮膚とのコンタクトによる計測法を統合した画期的なシステムにより、心拍シグナルに影響を与え読み取り結果の信用性を左右する、動作によるアーティファクトを回避することに成功しました。

この方法では、極めて厳しい条件下やトレーニングセッションでも精度の高い心拍数を記録することができます。