Strava ライブセグメントに対応した サイクルコンピュータ「Polar M460」発売

Wednesday, 5月 10, 2017
 

アドバンスド・パワー・メトリクス、スマート通知機能も追加

 

 

本日、GPS使用時でも16時間の連続使用が可能なサイクルコンピュータ「Polar M460」を発表しました。

新たに、パワートレーニングで必要になるIF(Intensity Factor)値などを表示するアドバンスド・パワー・メトリクスや、Stravaのライブセグメントサービスを利用することができ、スマート通知も搭載しました。50gと軽量で、IPX7の防水機能を有します。

「Polar M460」の発売日は6月上旬を予定しており、オンラインストアを含む全国のポラール製品正規取扱店で販売します。希望小売価格は、M460(心拍センサーなし) 23,800円(税別)、M460 HR(心拍センサー付) 29,800円(税別)です。

また、5月13日(土)、14日(日)に開催される世界トライアスロンシリーズ横浜大会EXPOのポラールブースにて先行展示します。

M460は、M450の後継機で、コンパクトで空気力学的に優れた形状を踏襲していますが、外装を表面加工をした黒にしてシック感を出しました。手袋をしても操作がしやすいように、ボタンに凹凸をつけています。

 

主な新機能は以下の通りです。

  • アドバンスド・パワー・メトリクス

パワーメータとM460のGPS、気圧計による傾斜計のデータを連動し、パワートレーニングで必要になるNP(Normalized Power)、IF、TSS(Training Stress Score)の数値を表示することができます。利用にはパワートレーニングの管理で評判の高いTrainingPeaksのアカウントが必要になります。

 

 

  • Stravaライブセグメント

Stravaプレミアのライブセグメントサービスが利用でき、他のStravaユーザとスピード勝負ができます。Stravaのセグメント情報をM460に登録すると、その区間に近くなるとアラートが表示され、スタート位置、ゴール距離が分かるようになります。Stravaプレミアは有料サービスですが、M460購入者はStravaプレミアを2か月間無料でお使いになれます。

  • スマート通知

スマートフォンの着信、メール受信、SNS、カレンダーの通知などが表示されます。

GPS内蔵のサイクルコンピュータとして、スピード、距離、気圧、高度など、サイクリストに必要な基本的データを表示できます。胸ストラップ型心拍センサー「Polar H10」を装着すれば、心拍数を測定できるだけでなく、トレーニングによる効果や、負荷、疲労の回復状態をフィードバックし、VO2max(最大酸素摂取量)を推定できるフィットネステストや、現在の体調を知ることができる起立試験を実施できます。

 

<ポラール 最高戦略責任者 マルコ・スヴィラークソ>

「今まで、多くのアスリートやコーチの方々とテストを重ねてきた経験が、M460の技術開発にいかされ、アスリートが行う様々なトレーニングに対応できるツールとなりました。真剣にトレーニングに励み、ゴールへと向かうサイクリストにとってM460は必需品となるでしょう。」

 

Polar M460 製品概要>

 製品名

 Polar M460

 Polar M460 HR

 色

 ブラック

 バッテリー

 16時間(GPS、LEDライト使用時)

 重さ

 50g

 ディスプレイ

 128×128 モノクロディスプレイ

 防水

 IPX7

 希望小売価格

 23,800円(税別)

 29,800円(税別)

 発売予定日

 6月上旬

 セット内容

・Polar M460 ・スタートガイド 

・USBコネクタ ・アジャスタブルバイクマウント

・Polar M460 ・Polar H10心拍センサー ・スタートガイド ・USBコネクタ

・アジャスタブルバイクマウント

 製品ページ

 https://www.polar.com/ja/M460 (近日公開予定)

 

Polar M460のその他の主な機能>

  • GPS機能

最新のGPS機能(UBX-G7020-CT/みちびき(QZSSおよびGLONASS対応))を搭載し、高精度でありながら消費電力を低く抑えています(最長16時間稼働)。また、Back to Start(スタート地点に戻る) 機能で、スタート地点の方角や距離をガイドします。ライド終了後には、Polar Flowアプリにデータを同期し、ルート管理や走行データの管理をすることができます。

 

  • 気圧計機能

気圧計により、正確な高度を表示します。また、傾斜度(GPS併用)・獲得標高・累積下降、リアルタイムVAM(平均上昇速度)も表示いたします。

 

  • Smart Coaching機能

ポラールでは、独自の心拍数に基づく各種トレーニングガイダンス機能を「Smart Coaching機能」としており、各デバイスにより、利用できるSmart Coaching機能は異なっています。Polar M460ユーザは、ロードバイクで有効な下記の機能を利用できます。

 

トレーニング効果: トレーニング直後にトレーニング効果をフィードバックします。有酸素運動、心肺機能、瞬発力の強化などの様々な効果を確認することができます。

フィットネステスト: 推定最大酸素摂取量(VO2max)を評価します。テスト結果を定期的に比較することにより、フィットネス度の向上を確認することができます。

起立試験: 心拍数と心拍変動を測定し、心血管系の自律神経調整における変化を調べます。現在の体調を知るのに、とても簡単で信頼性の高いテストです。定期的にテストを行うことで、疲労やオーバートレーニングなどの体調を管理することができます。

トレーニング負荷: トレーニングによる負荷を「軽い」~「非常に重い」までの5段階で評価します。負荷を確認することで、目的に合わせてトレーニング時間と強度を調整するのに役立ちます。

回復状態: トレーニング負荷からの回復状態を確認することができます。継続的に回復状態を確認することで、適切なトレーニング計画を立て、オーバートレーニングやトレーニング不足を回避できます。また、レースの日に合わせて、トレーニング量を調整し、疲れを残さずにレース当日を迎えることもできます。

トレーニングゾーン: 最大心拍数の50パーセント(50%HRmax)以上から、最大心拍数(100%HRmax)までをトレーニングの有効ゾーンとして5段階に分けたものがトレーニングゾーンです。5段階ゾーンを指標にすることで、効率の良いトレーニングができるだけではなく、運動強度が過度に上がっていることも分かるので、安全な練習ができるようになります。

スマートカロリー: 身長、体重、年齢、性別、最大心拍数、実施しているトレーニングの強度に基づいてトレーニング中に消費されたカロリー数を正確に算出します。

 

  • Stravaとの自動連携

Polar Flow アプリとStravaとの連携が実現し、M460で得られたルートやスピードをStravaで管理できるようになりました。他の人が登録したルートを走り、M460のデータでランキング競争に参加することができるようになりました。